音楽

命の数だけ物語があるのに

どこまでいっても、仕組まれている感覚が拭えない。
何を望んでいるのかまったく。
命の数だけ物語があるのに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


 


...
何処までが味方で何処からが敵だ?
そこを見誤ると歴史に屠られる
各々で勝手に境界を敷いてる
白地図に刻むは争いの軌跡だ
嗚呼…狭い…ここは何て狭い世界だ…


敵は全部殺すんだ 盟友(とも)よそれで一時安心だ
けれど味方も敵になるんだ ならば先手打って殺すんだ
しかし敵は無くならないんだ だから怯えながら暮らすんだ
されどそれを繰り返すだけだ それが幸せを掴む途だ


間違ってる そんな論理は 間違ってるんだ
この世界を 売ろうとしてる 奴らがいるんだ
気付くべきだ 気付いたなら 戦うべきだ
たった一羽 時風(かぜ)に向かう 白鴉のように


あの頃ボクらが夢見てた 未来へ託した地図を
描き換える影が在ることも 識らなかったボクらを超えて
疾って往こう…予言にない<ハジマリ>へと…


Sound Horizon 「黒の預言書」
全歌詞はこちら
http://tw.m.wretch.yahoo.com/blog/sibasin/5814767


 
日常

実感がないと

さ、今日から出勤☆

湿布のおかげで、何とか歩けるようになりました。
だましだまし働きます(o≧▽゜)o

歯科衛生士のお仕事は、かなり堅めのお仕事だけど、この地に足をつけている、ついている、という実感がないと、私という人間は半分も機能しなくなります。...

いろいろ考えるし、これからいろいろあるんだろうけど、許される限り粘ろうかと思います。

関係ないけど、昨日弟と話していて、聞きたくなった曲。鳥の詩。

かの御大、田中公平はこれを聞いて「この曲を作った人は何か降りてきたんだろうね」とおっしゃった。

今の日本の音楽で一番元気なのは、アニソンだと思います。音と物語がしっかり手をとりあっているのは、やっぱり強いです。


<iframe width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/6bSAMi58LdM" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
音楽

元気になれるんだもの

最上級の鬱曲だけど、私は聞くと元気になる。
ここまで心を抉れるだけの痛みを持った人がいること、ここまで探って暴いて包み隠さないでいてくれる人がいることに、私は救われる。


 


 
つぶやき

KANOUSEI

本日の一言。

「☆(本名)★ちゃんはねー。やりたいこと枯れないと結婚なんてムリムリ」

「いい人紹介したいんだけどね、収まんないからね」

以上、マネージャーのお母さまよりいただきました☆

あはーん(ノ´∀`*)
つぶやき

ぽぽぽーーん

長文書いてたら、スマホが勝手にアップデート始めやがりまして、慣れないタップでもそもそ書いた私の欠片が電脳空間の藻屑となりました。

あーもうやる気なくなったぽぽぽーんヾ(@゜▽゜@)ノ
つぶやき

大好物です

NHKのドラマ10における大石静は、まったくもって鬼畜!セカンドバーjとか、ガラスのいeとか、他局だけど蜜のあjとか、現実離れした美しい男女の麗しく、かつもんのすごく下世話に描かれた愛憎劇なんてね、なんてね、

大好物ですよ!(*ノ▽ノ)

そして、そんな自分が嫌いじゃない!!!(*ノ▽ノ)
つぶやき

梅干しを食べた

普段、道を走る車のカーステレオから、ありえないくらいばかでかい音が「私は面の皮が厚く恥の在処もわかりません」という主張を大々的にぶら下げながら放たれていると、苦虫噛み潰したような顔で、やや強めに舌打ちし、惜しみなくピンポイントジェノサイド発射する私ですが、耳をすませたときに届いてきたのが「悲しみは雪のように」だったときには、怒りもジェノサイドも形をひそめ、梅干しを食べた蛭子さんのような顔をするしかありませんでした。

きっと、いい人なんだと思うんだ。うん。