CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
願いの果てに
0
    東日本大震災後。


    私の生家の周辺は少しずつ変わっていきました。


    津波が届かなかった場所と、津波に飲まれてしまった場所との間に、皮肉で緩やかな格差が生まれていきました。


    その中で、一見きれいに見える言葉を掲げながら、「震災」を材料に周到に錬金術を繰り広げる人たちが現れ始め、私の家族もその煽りを食らいました。


    一生懸命立ち上がろうとする人々の血を吐くような日々の歩みを、かけらも理解しないような言動に、家族それぞれ、心がささくれだっていきました。


    その時の行き場のない、やるせない気持ちを歌った曲です。



    【願いの果てに】
    詞・曲 一路八


    それは誰かの願い
    笑顔守るために


    それは誰かの願い
    苦しみが和らぐように  


    きれいな願いを使う
    うごめく黒い影がある
    ほしいものはなんですか?
    お金ですか?賞賛ですか?


    願いの果てに 笑う人がいる
    願いの果てに 誰かが泣いてる
    幾度もくり返すあやまちと
    生きる君に風が吹く


    父の寝顔に思う
    心安らかでと


    母の涙に思う
    もう苦しまないでほしい


    ほんのささやかな願い
    痛みわからず忍び寄る
    肥い身体見せつけて
    聞こえないの?この叫び声


    私の願い 誰かの願い
    始まりはどこ? どこですれ違う?
    手と手つなげずわかりあえない
    時代に吹く風に問う


    願いの果てに 笑う人がいる
    願いの果てに 誰かが泣いてる
    それでも生きる 生きるしかない
    この景色を忘れない


    願いの果てに 人はさ迷い
    願いの果てに 始まりを忘る
    失い続ける時代(とき)に向かう
    その背中を忘れない


    | 歌詞 | 21:06 | comments(0) | - |
    DAWN
    0

      空が白み始め、ほんのり薄紅色が凪ぐ時間。

       

       

      そのほんの些細な瞬間を切り取った歌です。

       

       

      たとえ世界中のすべての生命が君に刃を向けようと。

       

       

      その刃が君の胸を切り裂きえぐるときが訪れたとしても。

       

       

      私は知っているから。

       

       

      ずっと見ているから。

       

       

      ずっとそばにいるから。

       

       

      何が起こっても平気。

       

       

      何を言われても平気。

       

       

      私の生命がどうなろうと君の生命が守られればそれでいい。

       

       

      そう、嘘偽りなく、我慢でも諦めでもなく、まっすぐに思えた瞬間があったのです。

       

       

       

      DAWN
      詞・曲 一路八

       


      さざなみ 銀の風
      つないだ手はやさしい
      こんな時が続けばいい
      そっと目を閉じる



      君と出会って夢は弾け飛び散った
      刻まれ絡む秘密解く約束
      幾年重ね迷い探し歩いて
      そばにあるやさしい頬
      そっと抱きしめる



      守りたいと思うよ
      このぬくもり何があろうと



      たとえ世界のすべてが君に背を向け
      裏切りの刃がその胸を裂こうと
      私は知っているから ずっと見ている
      こんなにも悲しく強い生命はない



      傷あと隠しては
      笑って泣いていたね
      君を包む翼がほしい
      ずっと願ってた



      守りたいと思うよ
      君の涙 忘れはしない



      月のように雪のように白く赤く咲く
      やわらかな記憶はここに生き続ける
      伝わる思い つながる思い結んで
      絡み合う指と指 離しはしないよ



      たとえ世界のすべてが君に背を向け
      裏切りの刃がその胸を裂こうと
      私は知っているから ずっと見ている
      こんなにも悲しく強い生命はない

       

       

       

       

      | 歌詞 | 23:37 | comments(0) | - |
      2018年7月12日 本日の成果
      0
        本日はゆるゆるお休み〜
        | 健康 | 19:09 | comments(0) | - |
        2018年7月11日 本日の成果
        0
          【朝ごはん】



          【お昼ごはん】



          【間食】
          瓦せんべい一枚
          ままどおる一個


          【晩ごはん】



          【運動記録】




          【体組成】





          | 健康 | 19:05 | comments(0) | - |
          奈美さんのライブに行ってきました
          0
            一昨日の話になりますが、シンガーソングライター奈美さんのライブに行ってきました。

            去年、何回か対バンする機会があり、その都度とても仲良くしていただいていました。

            岡山出身の奈美さん。
            ここ数日間の西日本豪雨、その被害が拡大する中でのライブ。どれだけの思いでステージに立つのか想像するだけで胸のど真ん中、その奥の奥がぎゅっと締め付けられ、行かずにはいられませんでした。

            ステージでの彼女は気丈で美しかった。

            出会った時から透明感と憂いが振り切る素晴らしい歌声だったけど、今日はさらに静かな気迫と凛とした緊張感があって一曲一曲がゆっくり静かに染み渡って、そして時にツキンと貫いてきて、いつも以上に色鮮やかで、温度も匂いも立体的で、何かもう、凄かった。

            終演後、お話して、ここ数日ずっと騒いでざらついてた肌感覚がすっと落ち着いたのを感じました。

            奈美さん、ありがとう。
            素晴らしいステージでした。
            | 音楽 | 18:58 | comments(0) | - |
            << | 5/30PAGES | >>