つぶやき

好きなら好きって言いなさいよ

私はまがりなりにもヘテロの女なので、こういう女性に向けた「厳しめ」な文章を載せるのは、いささか考えもするのですが、むしろ女性だからこそ発信しなければならないことなのかも、とも思いまして。転載いたします。

Facebookの「美的空間〜美しさは内側から〜」というページにあった文です。

私の周りは、どういうわけか、男女問わず私よりも年下の若い子たちばかりたくさんいます。

別に、自分に大層な人生経験があるなんて思いませんが、生きている年数が多い分、見えるものも、たぶんそれなりにあるのだろうと思います。

その中で思うこと。

何となく、みんな、自分のやさしさをちゃんと使えないんだな、と思います。

ちゃんと、やさしいんです。みんな。

でも、どこか表面だけさらってマニュアルに当てはめたような使い方をしていたり、きちんとやさしくするために相手の気持ちを想像しようとするけど、自分の器で推し量れないものであったり、キャパシティを超えてしまったり、想像しきれない自分の無力さを認識したくなかったりして、結局どこか誤解を生むような形でしか表現できなかったり、きちんと想像できていたとしても、相手にしっかり伝えられる引き出しがなかったりして、そこにたしかな優しさが作動して「相手を傷つけたくない」なんて思って、さらにその裏側にはちゃーんと「自分も傷つくのが怖い」という気持ちが根付いていたりして、起こる必要のない悲劇を起こしてしまったりする。

とても、残念だな、と思います。もちろん、自分の経験も照らし合わせた上で。私も、何度も何度もそういう悲劇を起こしてきたと思います。

でも、この年になって。

ようやっと、ちゃんと心身ともに「女に成ってます」と胸を張れるような経験を積むことができた今、思います。

大事な一言を大事に言う。

これだけで、たぶん、大抵の悲劇は去っていきます。

「好き」「大好き」「愛してます」「ありがとう」「ごめんなさい」

たぶん、このくらいで何とかなります。

相手の心が繊細であればあるほど、たくさんの言葉、たくさんのロジック、たくさんの感性が必要になってきたりもしますが、それも、たぶん、このシンプルな言葉をきちんと「大事に」使える人であれば、乗り越えられるんじゃないかと思います。

女がきちんと女でなければ男は男になれません。

女も同じ。

男がきちんと男でなければ、女は女になれません。

そして、それは、いつの時代も同時進行なのだと思います。

二人でゆっくり、男と女になっていくんだと思います。

今、若い女の子を見ていると、きちんと優しさを持っているのに、まるで素直じゃなくて意地っ張りで頭でっかちで独りよがりで表に出すのがへったくそなくせに一丁前に自己主張だけはきっちりしやがって、結果として全然ちっとも優しくない子が多いです。

男の子を見ていると、優しいのに、馬鹿みたいに優しすぎて、相手も自分も傷つくことを避けようとあれこれ理屈をこねくり回し、何が言いたいのか着地点がまったく見えなくなり、結局自分のためにも相手のためにもならず、アダにしかなっていない子が多いです。

でも、これはあくまで、私の周りを見て思うことで、場合によっては男女逆転も大いにあると思います。

とにかく、みんな、傷つくことを恐れすぎる。ほんの些細なチクッとした痛みでも、本人にとっては重力万倍的な痛みに変換されたりするんだろう、などと思います。そして、その痛みをきちんと整理するためには、何より実践して、その都度学んでいくしかない。これは、もう、古今東西動かしようがない、地球のルールです。

ちゃんと相手を見て、伝えあって、触れ合って、交わって、いたわって、愛おしんで、男と女になってほしい、そう思います。

これから先の文章は、女性に向けて書かれていますが、もちろん男性にも思い当たることはたくさんあると思います。

何か、響くものがあれば嬉しいです。

私には、とても、響きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたには今彼氏がいますか?
好きな人がいますか?
その人に何をしてもらいたいですか?

忘れないで。
男だってあなたと同じ人間だという事を。

あなたが彼氏に望む事は、
彼氏だって望んでいるはずです。

あなたの事を好きな男なら、
わがままも『可愛い』と言って
受け止めるかもしれない。

けれど、それを当たり前と思わないで。

例えば告白。

男は、好きな女ができた時、
告白しようとしますが、
女はどうですか?

告白されるのを
待っている人多いですよね。

運良く好きな男から
告白されて付き合えたなら、
それだけで幸せなはず。

それなのに、
彼氏の事振り回してない?
無理させてない?


朝のおはようメール。

彼氏からこなくて
機嫌が悪くなる人いますよね?

どうして?
男から送らなきゃいけないって決まっているの?

あなたが彼氏を待っているように、
彼氏もあなたを待っています。

男にはプライドがあります。

『男のくせに…』
『男なんだから…』

そう思われるのが嫌なんです。

だから男らしく振る舞おうとするし、
貴女をリードするのに必死です。

デートの誘い。
送り迎え。
プロポーズ。

ほとんど男がする事ですよね?

女は待っているだけでいいの?
女に生まれたから?
それってそんなに偉い事?

リードしてください、
とまでは言いません。

せめて素直に甘えてください。

好きだけど恥ずかしくて好きって言えない。

そばに行きたいけど勇気がない。
それは卑怯です。

男だって恥ずかしい事もあれば、
勇気の出ない時もあります。

それでも、『俺は彼氏だから』と
自分に言い聞かせて
『こっちにおいで』と言ってるんです。

返事をする事が
そんなに難しいですか?

彼氏に『好き』と言われて、
『私も好き』と言い返すのが
恥ずかしいなら、
最初に『好き』と言った彼氏なんて、
もっと恥ずかしいはずです。

それでも、あなたの為に言っているんです。
あなたの返事を期待して。
だから貴女もその気持ちに応えてください。

できれば、自分からも
行動を起こしてください。

『こっちにおいで』と
言われて行くんじゃなくて、
自分から『隣行きたい』って
言ってもいいじゃないですか。

キスもセックスも。

『私は何もしなくても、彼氏がしてくれる』
『私が言わなくても気付いてくれる』

それは甘えです。

喧嘩をした後…いつも泣いていませんか?

貴女が泣けば、
彼氏は慰めるはずです。

その時貴女は素直に謝れていますか?

彼氏だって、
心の中ではまだ貴女の事を
怒っているかもしれない。

でも、泣いている貴女を見て、
慰めなきゃって思うんです。

だから貴女も、
慰めてくれているのに
『ほっといて』なんて言ってはいけません。

喧嘩をしていたんだから、
彼氏に腹が立っているかも知れませんが、
それは相手も一緒なんです。

女心は確かに複雑。

単純な男には
わからない部分だってある。

だからこそ男は
女性の気持ちをわかるのに必死なんです。

あなたも男の気持ちを
わかろうとしなきゃいけない。

あまり冷たくされたり、
振り回されすぎると、
男だって病みます。

『どうして俺はこれだけしているのに、
向こうは何もしてくれないんだろう』

『俺は好きだから
色々してあげたいって思うのに…って事は
向こうは俺の事が好きじゃないのかな?』

深く考えると死にたくなる時もあります。

貴女の気まぐれや、
何げない一言でも、
彼氏にとっては大事かもしれません。

男は確かに単純で馬鹿なところもありますが、
ある面では女よりもデリケートなんです。

どうかわかってあげてください。
わかろうとしてください。

この世の全ては相互支援です。

彼氏彼女も一緒なんです。

もし貴女が一方的に優しくされて満足しているなら、
それは本当の愛なんかじゃありません。

貴女が本気で彼氏を愛しているなら…
された事はやり返してあげてください。

あなたも好きな人にして欲しい事も
してあげたい事も、たくさんあるはずです。

思っているだけじゃ伝わりません。

気持ちを行動にしてください。

手を繋ぎたい時に黙って待っているんじゃなくて、
『手を繋ごうよ』と言ってみてください。

きっと彼氏は積極的な貴女の姿に、
喜んで手を繋いでくれるはずです。

そこで冷たくするようなら、
それは彼氏が悪いです。

その時の気分で発言するんじゃなくて、
もっとよく考えてください。

これを言ったら彼氏はどう思うのか…
これを言って自分はどうしたいのか。

何をすれば自分が幸せで、
何をしてあげれば相手が幸せなのかを
追求してください。

その為には、
素直にならなければならない時もあるし、
作り笑いをしなければならない時もあるはずです。

幸せは二人で作るものですから、
二人の協力がなければ始まらないのです。

これを読んだなら、
明日からは
ちょっと積極的になってみてください。

いつも『自分から』が慣れている男にとっては、
『あなたから』がすごく嬉しいはずです。

女性だから許される事って、
世の中にはたくさんあると思います。

世界は不平等です。

でも、あなたと彼氏は付き合っているんだから、
あなたも彼氏も平等なんです。

『彼氏だから』、
『私は女だから』、

そうじゃない。

あなたも彼氏も
同じ一人の人間です。

男として見る前に、
一人の人間として彼氏と向き合ってください。

逃げていても誰も幸せにはできませんし、
自分が幸せになる事もできません。

一緒に過ごせる時間を
大切にしてください。
日常

2014年始まりました

遅ればせながら、新年のごあいさつです。
とはいっても、すでにつぶやきなどでいろいろ話してしまっているので、今更な感じもしなくなく。


皆様、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。


今年は、辨天堂もいろいろと展開していくようです。
もうすでに、社長のところにはがしがし仕事が来ているみたいで、その中で私がどう関わっていくのか楽しみです。


去年は、予想もしないところから、全く経験したことのないような依頼がどーんと来たかと思えば、とっても楽しみにしていた大きな仕事が延び延びになって、いつできるか目途が立たない状態になってしまうこともあり、浮き沈みの激しい年でした。


今年はどうなるのかなあ。
とりあえず、明日、辨天堂の仕事始め、ラジオ収録に行ってきます。
woo★kaliveも続けていきます!
1年続けて振り返ってみたら、いつの間にか私にとって大きな存在になっていることに気がつきました。
たぶん、これをやっていなかったら、今の私の歌はないなって、そう心から思っています。
今年もがんばります!


たくさんの人たちと、たくさん関わって、たくさん心が弾むような出来事と出会いたいと思います。


どうか、2014年も、一路八と辨天堂をよろしくお願いいたします。


一路八拝
つぶやき

今年もありがとうございました

少し早いですが、今年の総括をば。


2013年も、たくさんの方にたくさんたくさんお世話になりました。
ありがとうございました。


昨年の末に辨天堂を立ち上げて、woo★kaliveをやるようになって、少しずつ歌やラジオの依頼が増えて、歌い手として、思い出しきれないほどの経験をさせていただきました。


このままじゃいけない。20年後、30年後、自分の人生こんなはずじゃなかったなんてセリフ絶対に言いたくない。そう思って、本腰入れて歌をやろうと思ったのが28歳の時です。今年はそれから5年目にあたります。


1年1年とっても濃かったけど、今年は良い意味で本当に濃かった。充実していました。


実は昨日、こっそりあるイベントに出演していました。わけあって告知はしませんでした。ごめんなさい。


そのイベントは「アニめぐろ」。会場は「目黒ライヴステーション」。アニめぐろの忘年会ライブをやるというので、主催の川本さんからゲスト出演を頼まれて、こっそりと2曲ほどオケで歌ってまいりました。


とても感慨深かったです。自分がスタートしたときのことを、いっぱい思い出した。いろいろなことがあって、出会いも別れもあって、歌えなくもなって。でも、またこうして戻ってくることができて。何だか、ごほうびをいただいた気分でした。


素敵な出会いもありました。稲妻浴びてるみたいな。本当によかったな、私、がんばったんだって、素直に思える一日でした。


出演後マネージャーと打ち合わせ。いろいろ今後のことをつめて、帰ったら化粧も落とさずに強制終了www幸せです。今日はこれから今年最後(になる予定)のスケジュールが待ってます。とっても楽しみ!!


歌い手としてだけじゃなく、私一個人としても激しい一年でした。


30年以上続いた家族内の冷戦が、とりあえずの終結を見ました。今までの生活の中で最優先事項だったことが何とかなって、やっと、問題の外に出ることができた。本当はまだまだ終わりじゃないんだけど、とりあえず、私がずっとやってきたことは、何とか形になって私は離れることができた。


やっと、自分の人生が生きられる。何だかほっとしたような、泣きたいような、武者震いするような、そんな感じです。


我慢もあきらめも、必要であれば、澱にならなければ、自分の力ではどうにもならないものであれば、受け入れられる。でも、そうでないものに関しては、やっぱり向き合わないと自分の心が蝕まれる。そして、そのうち身体までも侵蝕されていく。


とりあえず、一つ、その可能性があるものをクリアできたことが、とっても嬉しいです。


来年は、今年以上に忙しくなるような気がして、わっくわくしてる!


一路八、がんばります。


来年もどうか、あたたかく見守って下さいませ。
よろしくお願いいたします。


どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ。
心からの感謝を込めて。


一路八拝
活動情報

11/24(日)ライブやります☆

ライブの告知です\(^o^)/ 

 今月の24日(日)IwooNOGATAにてライブやります。
 ご都合がよろしければ、お越しくださいませ。 

今回のライブは、今まで一路八のライブや曲を聞いて下さった皆様からリクエストをいただき、それをもとに演奏曲を組みました。

 きっと、楽しんでいただけるものと存じます。 

 どうぞ、よろしくお願いいたします。 

 一路八拝 

【sunrise woo】
 11月24日(日) 
OPEN 12:30
START 12:40 
場所 IwooNOGATA 
http://www.iwoo-nogata.com 
チケット ¥2000(ドリンク代別途¥500) 

※一路八の出演は13時40分前後になります。 余裕をもってお越しくださいませ。
つぶやき

インスタントの恐怖

現在、mixi、facebook、twitterに登録しているのですが、コミュニケーションツールが増えていくことに伴って、人がいろいろな場所に流れていくのについていけない…。

特に、今までメインだったmixiの過疎化がすごくつらい。あんなに賑わっていたのに。

うまく言葉にできないのだけど、インターネットを介したコミュニケーションに感じる、何ともいえない虚無感。...

ネット上に情報を流すことの虚無感が、今すごく強いです。

人とのつながりを、面と向かわず、目と目を合わせず、さらりと流して、割り切って、切ることのできるこのツールが時にとても怖くなる。

そんな空間に、自分の胸の内を流すことへの虚無感、恐怖。

このデジタル感。疑似感が、何だか肌にまとわりついてくるようでどうしようもなくなることがある。

どうやってもアナログな人の感情や感性が、ネットに流れただけで、とてもデジタルなものになってしまうような感覚に陥ってしまう

それが、悲しい。

どうしたらいいんだろう。

どうしたらいいんだろう。

15年前は、もっとインターネットにも血の通ったあたたかさのようなものを感じていたのに。

お気軽なもの、お手軽なもの、インスタントなものが、ものすごく、怖い。

簡単に発信できてしまうこの世界が、怖い。
活動情報

ラジオ収録してきました!

やっとこさ、ふつうに動けるようになってきました。


とりあえず、仕事は通常運転できるようになり、もうそろそろトレーニングも再開してえんでないかなーという感じです。


結局、10月に入ってからは、ずっと運動お休みで。


何とか、減らしたのにねー若干戻ってしまってだね。しかし、取り戻します!


俺、がんばる!!


というわけで、昨日ラジオの収録に行ってまいりました。


この度、インターネットラジオWallop放送局内の「よちらじ!」という番組で、コーナーを持たせていただくことになりまして☆


前回、ゲストという形で御詠歌を歌わせていただいたのですが、そのご縁で1クール枠をいただきました。


その名も


「一路八の煩悩京かわら版」


です。


もともとこの名前は、私の本名の「遠谷(とおや)」を数字にすると「108」になるので漢数字に直して、何となく間に「路」を入れて作ったものでして。


で、108というと、いわずとしれた煩悩の数でして。いわゆる、除夜の鐘の数ってやつです。


そこから、取りました。です。はい。


とりあえず、10〜12月の第四週目、計3回の出演になります。時間は14:30からです。


時間が10分と短いので、私自身の活動、紹介がメインです。


昨日は、構成作家のタンヒロキくんをアシスタントにして話してきました。楽しかった!


ラジオはもちろん、話すこと自体が不慣れで、ダメ出されること山のごとしですが、がんばってます。


が。


どうもこのラジオ、スマホ、タブレットのアプリでしか聞けないみたいで…。


しかも、現在androidのみの対応になっているとか、何かいろいろ大変な状況なのですが…。


アプリダウンロードできる方!!


ぜひ、聞いてみて下さい!
http://www.wallop.tv/


でも、何か聞いてもらえないのもとっても口惜しいので、あとでなんか、対応すると思います!大きな声じゃ言えないけど!!


よろしくお願いいたします!!


☆一路八ライブやります☆

【sunrise woo】
11月24日(日)
OPEN 12:30
START 12:40
場所 IwooNOGATA
http://www.iwoo-nogata.com
チケット ¥2000(ドリンク代別途¥500)

※一路八の出演順は未定です。
 決まり次第お知らせします。
 
音楽

「さびしくて仕方なかったですね」

先日、もうすぐ21歳になるうちの八重洲で拾ったでっかい妹に、「これ買っちゃった♪」と満面の笑みで差し出したTHE YELLOW MONKEYの新しいアルバム。ファンのアンケートをもとにしたベスト盤なのだけれど、それを見た彼女は私の予想に反して、冷めたような、それでいてどこか悲しそうな顔をして、こう言った。

妹「ごめん、知らない」

俺「(|| ゜Д゜)!!!ナンデスト!!!」
...
考えてみたらば、彼らの全盛期は90年代の真っ只中。彼女は、まだ卵からやっと人型になり、この世の空気に慣れてきていた頃だ。

彼女にイエモンのことを聞くのは、私にかぐや姫やガロのことを聞くようなものということだ(゜〇゜;)

衝撃の事実。時の流れは止められない。


それは、さておき。


私、あまり詳しくはありませんが、イエモンの曲がとても好きです。

このありあまる負のエネルギーといいますか、追い込まれて追い込まれてがんじからめになりながら、己と社会と焦燥と絶望と楽観とエロと己とが衝動のままに絡み合い、組んず解れつするギラギラの疾走感がたまらんです。

一番衝撃的で、一番離れられない曲がJAM。

そういえば、やっぱりイエモン好きの弟が、何かの番組でバンドを解散してソロになったばかりの吉井さんと美輪さんが対談しているのを聞いていたらしく、今でもよく話題になる話があります。

対談の中で吉井さんは、ソロになってから楽しくて仕方ないということを滔々と語ったらしい。。

それを受けた美輪さんが、じゃあバンド時代はどうだったの?と聞くと、彼は笑顔でこう答えたそうな。

「いやあさびしくて仕方なかったですね。」

それを聞いた弟は戦慄を覚え、こう思った。「この人はもうだめかもしれない…(|| ゜Д゜)」と。

いつの世も、傑作は孤独の中にしか生まれない。天才は孤独が育てる。私たち姉弟の共通見解です。



 



あの偉い発明家も 凶悪な犯罪者も
みんな昔子供だってね
外国で飛行機が墜ちました  ニュースキャスターは嬉しそうに
「乗客に日本人はいませんでした」
「いませんでした」 「いませんでした」
僕は何を思えばいいんだろう
僕は何て言えばいいんだろう
こんな夜は 逢いたくて 逢いたくて 逢いたくて
君に逢いたくて 君に逢いたくて
また明日を待ってる


THE YELLOW MONKEY 「JAM」
日常

気温の低下につき

脂肪の燃焼効率が上がっている感じ。気温の低下は大きいと思います。

季節によって、トレーニングの形も変わる。腰痛でダウンしたのは、調整するのに良かったのかも。

季節の変わり目。寝ようと思えばいくらでも眠れる。寝るたびに、身体も少しずつ調整されて、変化している。

何とも言いようのない変な夢見たり、ヘンテコな所に入り込んでしまったりするけど、調整中と思えば納得。

腰も、一週間前に比べれば、本当に良くなりました。今日はとりあえず、湿布もロキソニンも無しで様子見たいと思います。