つぶやき

愛とはなんぞ

ツイッターに、いろいろな人の名言を定期的に流してくれるボットがあって、主に文化人を中心に登録しているのですが、これがなかなかどうして面白い。

その中で先ほど見つけた美輪明宏さんの言葉。シンプルなんだけど、とっても的確で胸がすっとした!


「 好きな人のために何かしてあげたい。しかし、その気持ちの根底には、「だから自分にも優しくして」「もっと尽くして」という見返りを求める気持ちが微塵もないとは言い切れません。そこに愛はないのです。 」


先日、前田大輔先生のセミナーで、「愛とはなんぞや」という話があったのですが、私は先生の出した答えがずーっと疑問で疑問で。

それは「あなたの生命を大事にすること」

相手の生命を生かす。そのために、生命を抑圧するもの、生きにくくしている要素を探して見つけて紐解いて軽くなるよう精一杯お手伝いすること。

こんな感じだったと思う。たぶん。何か釈然としないフィルターがかかってたんで、曲解してるかもわかんないけど。

理屈ではわかるのですが、身体が何か違うと訴えるのです。何か今一つ腑に落ちないのです。何か引っ掛かって、どうにも上っ面な感じで気持ち悪いのです。

何となく答えは見えていたんだけど、さっき、この美輪さんの言葉を読んでストンと落ちた!

答えは、もうずっと前から私の中にあった。

私はたぶん、愛を知っている。

身体が感覚が魂が知っていると深く深くうなづいている。

愛ってきっとそんな理屈で片付けられるものじゃない。

そんなごまかしのきくものじゃない。

簡単だけど、人によってはとてつもなく困難。恐ろしく簡単なのだけど。やっぱり難しい。

ずーっと身体と魂が違う、違うと言い続けていたことが形になってくれた。

根底に、エゴ、我、満たされない思い、自分を見てほしい、わかってほしい、賞賛してほしい、といった「自分を中心にして他者に見返りを求める気持ち」「自分が望む反応が返るよう他者をコントロールしたい気持ち」が潜んでいる場合、いくら行動がきれいでも、そこに愛は無いのだ。

だから、先生の言った愛の定義は、私にとっては不十分。なぜなら、エゴを起因としたとしても十分なし得るから。

人の行動、心理を事細かに分析して、パターン化して、誰にでも当てはまる行動様式を洗いだし、生命を抑圧する要素をそれに嵌め込んで紐解いていけば、この「愛の定義」は達成される。

それは、一見あたたかいけれど、とてつもなく冷たい作業に思える。とてつもなく満たされない何かを感じてしまう。

愛ってきっと、そんなものじゃない。

そこに、おそらく自分はいない。いるのは何かの巡り合わせで現れた、きっと大切なのであろう、自分ではない誰かだけ。

その人との関わりの中で、自分のことなど考えもせず、なーんもなく、魂素っ裸で向き合ってぶつかって投げ出して殴りあって血まみれになって死にそうになってぜーんぶ放り出して与えつくしてスッカラカンになって抱き締めあって泣いて叫んで笑って包み込み合う。

愛ってきっと、そんな間に在るものだ。

自分なんて、どうなったって構わない。

傷ついても、血まみれになっても、死にそうになっても、死んでも、忘れられても、世界中から罵声を浴びても、憎まれても、誰一人自分を認めてくれる人がいなくても、どこまでも孤独に地獄に落ちても、そんなこと知ったことかと一笑に臥す魂にこそ、私は愛を見る。

そして、私はそんな人を知っている。

ぶつかりあって、罵りあって、戦って戦って泣いて泣いて、削ぎ落としあって、見つけあって、抱きあって、また泣いて、包み込みあって、守りあいながら生きる人が私にはいる。

それも一人じゃない。多くはないけど。

私にとって、愛ってそういうもの。

理屈、理論、パターンで嵌め込むのは悪くないと思う。問題は、その奥にドロドロの「エゴ」が隠れていないかどうかなんです。

人ってそんなにバカじゃないです。

エゴでは魂は救われない。お腹は膨れても、魂は無理。たとえそれで一見救われたように見えても、どうにもならない不快感や不調や違和感のようなものとして、確実に残る。

愛って、たぶん、スッキリしてる。

シンプルで、すごくスッキリして、一番深ーーいところに当たり前のように落ち着いていて揺るがず気取らず主張もなく、ただ在るだけで、生きていけると自然と思える。

そして、それは生まれる前からずーっとあったことに気づき、大切な人と綺麗事でなく関わりまくり続ける中で育ててきたもの。

私にとって、愛ってきっと、そういうもの。
日常

AZALY



フレグランスをいただきました!!!これはもう嬉しい!嬉しい!どうしよう!!!(*≧∀≦*)

JAMAL KAZURAというシンガポールのパフュームオイルブランドの発売されたばかりの数量限定品です。日本では吉祥寺と表参道にショップがあって、ちょこちょこ覗いていたりする大好きなブランドなので、喜びも倍倍倍☆

商品は、天然のアロマオイルを調合していて、アルコールや化学物質は一切なし。全ての香りにナンバーと素敵なタイトルがついております。

そして、今回いただいた香りのナンバーは何とメビウス!名前もAZALYといって、アラビア語で「永遠」という意味。

つけてみたけど、何というか別格です。とっても別次元。つけた瞬間から汗がぶわーーーって吹き出してびっくりしたのなんの。とんでもなく強い。でもしなやか。柔軟。繊細で、心の痛みも表面だけさらうような上っ面だけじゃない、襞の奥までやさしく撫でてくれるような深い女性性の香りです。

人として女性として望む要素って決して少なくないけど、それをすごくさりげなく個性的にいっぱい取り揃えて整ってる。

これをつけて歌ったら一体どうなるんだろう。次のステージフレグランスはこれに決まりです。

大事につけようと思います。嬉しい。

このブランドのショップに行くと、いつも時間を忘れてしまうくらい、どれも魅力的な香りなのだけど、これは危険。どの香りもたぶん負けてしまうくらい、格が高い。私も負けないようにしないと。

るん♪(*´ω`*)
つぶやき

願うこと

怖い時代だ。本当に。この怖さがきちんと認識されるまで、一体あとどれくらいの時間がかかるんだろう。無視して当然だったもの、認識すらされず存在感も極めて薄く、さほど影響することもなかったものが、強力に浮かび上がって、確実に人と世界を動かしている。過渡期、転換期の不気味さ。怖い。

世界のやさしさはあくまでデジタルだ。その前では、人が勝手に決めた善悪だの倫理観だのは、あまりに薄くさほどの力も持ち得ない。

望むこと、願うこと。

その中身など、世界にとってはどうでもいいのだ。

似た者同士が集まって、自分の中の強力に意思表示している場所が強化されるだけだ。

それを叶えることで、その人間がどうなろうと世界にとっては知ったことではない。すべて自業自得。どんなに悲惨な返り方をしようと、すべてお前が望んだことと片付けられる。

どれだけ気づけるかだ。

己の望みがもたらすものに。

望みには善悪もへったくれもなく、己を引き上げもするし、蝕みもする。そして、それはもう、自己の中に閉じ込めて外へ影響させないようにすることはできなくなっている。

自分勝手、自己中心的な願いを抱いたとき。たとえば「あの人いいな」とうらやましく思う。その裏にもしも「あんな人いなければいいのに」とか「痛い目見ればいいのに」などという気持ちが隠れていたりすると、世界はそれを叶えようとする。本人が意識しようとしなかろうと、世界はそう動く。

そして、誰かを苦しめるよう動かした世界が己に返る。本人はなぜ自分が苦しんでいるかわからず、また、同じことを繰り返す。

逆もしかり。「あの人いいな」と思ったとき。深い場所に「仲良くなりたい」「ああいう人になりたい。がんばろう」といった明るい純粋な気持ちがあれば、世界はまたそれを叶えようとする。そして、明るいプレゼントをたくさんくれる。

自分の本質、深い場所が浮かび上がり、くっきりして、強化され、目の前に突きつけられる時代なのです。

優しい人はより優しく、ゲスな人はよりゲスになってしまうよう世界が動いてしまう。そんな時代なのだと思います。

今までと本質も仕組みも変わらないけれど、ひたすらそれが強くなっている。

自分の心がそのまま映し出されるとはそういう意味です。

それはシンプルだけど、とてつもなく複雑です。

望み、願いは自分そのもの。

強いものほど叶えられます。そして、己に返ります。我々の持つ善悪、倫理観などお構い無しに。

そこに、きちんと己の姿を見つけ、見定め、必要があれば修正し、成長させていけるかどうか。

人として、自然の一部としての本質的な力が試されている時代と思います。

あなたの願いは誰かを傷つけるものではありませんか?あなたの願いが叶うことで、痛みを感じ涙を流す人はいませんか?

あなたの願いは誰を幸せにしますか?その裏で泣いている人はいませんか?

きれいな願いの裏に、惨めでゲスな思いは隠れていませんか?

すべて自分に返ります。

自分の思いが、すべて返ってきます。

自分を守りたかったら、関わる人たちも同時に守れる願いを持つことです。

良いことも悪いことも、すべて等しく返ります。

本当に、怖い時代です。
活動情報

5月18日(日)一路八ソロライブやります

mixiのつぶやきやtwitterでもちょこちょこ書いていましたが、正式に告知いたします。


一路八、ソロライブやります。
あ、ソロといってもワンマンじゃないです。
例のごとく、ひとりでステージに上がります、というやつです。

ぜひ、お越し下さいませ!


ソロライブは半年ぶりになります。


何をやろうか、いろいろ模索しております。


バンドやって、woo★kaliveが一段落して、御詠歌は相変わらずで、事務所もいろいろ動いていて、私の中も少なからず変化したと思います。


失ったもの、削ぎ落としたもの、取り戻したもの、新たに得たもの、多くはないけれどたしかな存在感を持って在ります。その中で今何をするのが一番違和感がないかじーーーっと目を凝らして見極めている最中です。


それでも、基本的な軸には、さほどの変化を感じないので、いつも通り唸って回して抜いて込めた濃ゆい歌をお聞かせできればと思っております。


ぜひ、お越し下さいませ。


【sunrise woo】
5月18日(日)
OPEN 12:30
START 12:40
場所 IwooNOGATA
http://www.iwoo-nogata.com
チケット ¥2000(ドリンク代別途¥500)

※一路八の出演順は未定です。
 決まり次第お知らせします。


チケットご希望の方は、一路八まで直接ご連絡下さい。
よろしくお願いいたします。


一路八拝

つぶやき

フレグランス

最近、自分へのご褒美にフレグランスを買うようになりました。いただいたものもあるのだけど、今のコレクションはこんな感じ。




もともと香水はもちろん、アロマ、お香などなど香りが好きなので、いろいろ試してはきたのですが、最近、やたら香水に詳しいお姉さま方と知り合いになり、その奥深さにはまってしまった次第です。

若い頃は、あまり深く考えず、ボトルがかわいいという理由だけで、アナスイとかベビードールとか、ただブランド名だけでグッチとか、美輪さんがつけているからダナのタブーとか、今考えると、青くて笑っちゃうようなことを平気でやっておりました。

今は、少しは考えてつけられるようになってきたんじゃなかろうかとか思うよ!!!

気温、気候、肌、メンタルのコンディション、目的、会う人、場所、たくさんの要素を絡めつつ、つけ方を工夫しているつもりです。

普段は、ランコムのトレゾアをウエストの左右に1プッシュずつして、上にブルガリプールファムのトワレを軽くつけます。トレゾアはかなり濃厚でクセのある甘い香りなのだけど、ふんわりほんのり香ると、嫌みなく個性的な気品があって大好き。

プールファムはあえてトワレ。職場にもほんのりつけていきたいので、首から上は、これを軽くつけます。奥に隠れたムスクと、華やかさを押さえつつ、上品でやわらかい甘さが、いろいろちょうどいいのです。

勝負時、戦闘時はシャネルのココ。これはスイッチが入る。戦える香り。下手すると酔うくらい強烈な主張があります。貫禄があって良い意味で重厚。でも、華やかすぎず、奥ゆかしさもあって、一筋縄じゃいかかないぎっしり中身の詰まった大人の女って感じ。大変。

逆に優しい気持ちでふんわり過ごしたいときは、ランバンのジャンヌ・ランバン・ラ・ローズ。バラの香り特有の粉っぽさや安っぽさとは全然違う、完成度の高い、とてもきれいなバラの香り。バラでは一番好き。寝るときも大抵これです。

乙女なときは、ヴァンクリーフ・アーペルのレーヴ。甘すぎず、程よく爽やかで、とっても女の子な香り。ほんのりフルーティー、奥にそっとムスクが潜んでいて、清潔な官能があります。ボトルも、さすが五大ジュエラーの1つだけあって、センスのかたまり。ドキドキするくらいかわいい!

和の装いなときは、ニナ・リッチのレ ールデュタン。さりげないけど、気品の漂う大人の香りです。これをつけるときは、身構えてしまう。今の自分につけられるかどうか、自問自答してしまう、難易度の高い香り。

で、最近買ったのが、エルメスのナイルの庭。高いのでミニボトルだけど、ずっと気になっていたのです。ユニセックスなとーってもさわやかな香り。奥にさりげない甘さがあって、気持ちがやさしくすっきりする。これからの季節にパシャパシャ使いたいので、余裕ができたら、大瓶買います。

現時点はこんな感じ。

香りって大事。
肌やコンディションと香りがハマっていると、何だか守られているような感覚になる。
香り1つで、状態が大きく変化するので、とても楽しい。

欠かせないアイテムになっています。
つぶやき

助けて、と言いそうになってしまった。

反省するのは全然違う。違うのだけれど、口をついて出そうになる、または出てしまった瞬間に、オートマチックにその時の感情に、自己嫌悪や自制といった名前の蓋をがっしり被せてしまうのは、もういい加減にしないといけないと思うのです。

もういい歳だし、前より踏ん張りが効かなくなっているのも事実だし、ちゃんと助けてもらえる人間にならないと、たぶんここから先へは進めない。

自分の感情や感性の振り幅は決して特殊なものでも、特異なものでもない。そう思っていたし、今だって少なからず思っています。

でも、その振り幅が招いた悲劇の数も決して少なくなかったりするので、いつの間にか、蓋が強固に分厚く俊敏になっていた。大人って、そういうのがめんどくさいのよ。

助けて。なんて。

毎日言いたい。

いつでも言いたい。

助けて。

なんて。
つぶやき

照り映え

凍てつく夜を知っている。


黒より黒い黒の下で、どこにいるかもわからない、いるのかどうかもわからない誰かを探して、探して。


とどまるよりはさ迷う方がまだましで。


ただ動いているという、たったそれだけの事実のみが、寄りかかれる全てだった。


どれだけ約束があろうとも、行き着く先はどこまでも「独り」だ。


どれだけ約束を見つけても、必ず代償はついてくる。


熱と痛みの混沌の中、浮かび上がってくるものは、大抵ロクなものじゃない。


それでも、新たな約束を、私は望んでしまうのだろう。


皮肉なもので、孤独を証明されるたび、新たな運命が現れる。


そしてそれはきっと、とっても幸せなことなのだろうと思う。


目の前にぶら下げられた祝福に、いつまでも踊らされ続ける小間使い。


けれどそれもまた、他ならぬ私自身が望んだことなのだ。


-

【告知】バンドでライブやります【2/8(土)】




2014年最初のライブです!告知です!


バンドでライブやります!ひゃはーー!!(*>▽<*)


バンド久しぶり。ほんと久しぶり。
実は、最初は全然そんな流れじゃなかったんですが、いろいろと大人の事情が絡まりあって組んず解れつの地獄絵図。結果本番1ヶ月前にしてバンドを組むことになってしまいました。
大人ってバカね。大人ってすてきね。


2月8日土曜日になります。
今までお世話になっていたアニめぐろが100回記念を迎えるので、3曲ばかりですが演奏します。
何をやるかというと。


澤野弘之です。


誰それ?って人。
いますよねー。そらいるだろう。


彼は、ギルティクラウンとか進撃の巨人とかガンダムUCとかのサントラ作ってる人です。


つまり、今回は、アニソンイベントではありますが、主題歌はなしです。


挿入歌のみです。わふー。楽しいー。


それも、日本語曲なしです。英語1曲、独語2曲。できるのか俺。


目下の課題は、私の脳がどれだけ多言語を収容できるかってことですが、迷子になったらハナモゲラ語があるからね!!!大丈夫!!!


バンドは、急編成にもかかわらず、すごーくいい感じです。素敵なメンバーが集まってくれました。


ずっと前から知っていてずっと前から組みたかった人、音楽とは全然違う場所で知り合って、気がついたら意気投合してた人、やっぱり全然違う場所で知り合ったけど、会ったときから初対面な感じがしなくてその場で組むことが決まった人、人づてでご紹介いただいてまったくの初対面かと思いきや、ちゃんとお互い顔見知りだった人。


不思議なご縁で集まりました。
今、とっても楽しいです!(*>▽<*)


バンド名は
「1×8 is unknown」
だそうです。


だそうですってのは、事務所の社長が思いつきで決めたので。
読みは
「ワン・バイ・エイト・イズ・アンノウン」
だそうです。だそうですってのは(以下ry


私の名前はまったく関係ありません。
一見関係ありそうで恥ずかしいからやめてって言ったんだけど、ばっさり却下されました。


いちかばちかやってみたけど結果はわかんないよーという意味だそうです。
いつの間にか、ロゴも作ってやがった。
日記のトップにあげているやつです。まったく。


というわけで、ライブの詳細です!!




「アニめぐろ 100th Anniversary Gig」

★開催日
2014年2月8日(土) 

★会場
目黒鹿鳴館→http://www.rockmaykan.com/


★出演(順不同)
●パンdeライオン(トリプルVoのアニソン・ユニットがフル・バンド形態で参戦!)
●Agrimo*Septect(supercellトリビュート・バンド)
●カムイ(スペシャル・コラボ・バンド)
●パルスカイ(メタル・アレンジ・アニソン・バンド)
●u6(雑食系アニソン・バンド)
●@LOID(ボカロ系バンド)
●1×8 is unknown(澤野弘之トリビュート・バンド)←ここ♪
●アニめぐろ 100th Anniversary Special Session Band
(「アニめぐろ」常連ミュージシャンからの精鋭を集めた100回記念公演企画バンド)


★OPEN/START
16:00/16:30

★料金
前売¥2,000/当日¥2,500(ドリンク代ビール別途)


【1×8 is unknown】
Vo:一路八
Gt:ワザマ
Ba:HIRO
Dr:まこと
Key:あつこ


そして、セトリです。
公開します。
この3曲をやります。


 



 



 



どういうアレンジになるかは、まったくわかりません。
なぜなら、まだ1回もスタジオに入ってないから!!!
しかも、メンバーの顔合わせもまだだから!!!
でも、セトリ出したら、ちゃんとOK出たので大丈夫。楽しみ♪


興味のある方、ぜひお越し下さいませ!
チケットは、一路八までご連絡いただければ、お取り置きいたします。


震災後、山篭って修行していた成果をお見せできればと思います。


よろしくお願いいたします。


一路八拝