CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
星がめぐりしこの時に
0

    【星がめぐりしこの時に】

    詞・曲 一路八



    星がめぐりしこの時に

    伝えたいことがある

    道照らす星のような

    あなたに伝えたい



    どれほど時が去り行こうとも

    変わらぬ思いがある

    あなたの子であることが

    私の幸せです



    ぶつかって 泣き傷つけて

    またぶつかって

    見つけた宝物

    この幸いを



    星がめぐりしこの時に

    伝えたいことがある

    道照らす星のような

    あなたに伝えたい



    山より強く 海より深く

    おひさまより大きな

    あなたは私の誇り

    私は幸せです



    その背中 いつも追いかけ

    そして気づいた

    私は私の道

    行かなければと



    いつかは去りゆく 一瞬の星

    まばたき一つ 奇跡のよう

    果てはまだ見えず

    されど行きます



    私はこの道を

    私の足で



    星がめぐりしこの時に

    星がめぐるこの時に

    | 歌詞 | 21:21 | comments(0) | - |
    暁に立つ
    0

      【暁に立つ】

      詞・曲 一路八



      果てなく続く空に

      残る途の跡よ



      我は行く 

      この身朽ち果てても

      むせび泣く風の声をともに

      砂塵を蹴って



      さあ 今 夜が明けてゆく

      陽は昇り地を照らす

      繰り返す日積み重なる

      時は無情に



      いつでも忘れはしない

      君と交わした契り

      生きていくこの地とともに

      分かつ血とともに



      月は欠けて満ち

      刻む時の音

      魂は静かに燃える

      負けはしない



      忘れない 

      君のそのほほえみ

      拳握りしめて見上げる

      空が泣いている



      さあ もう夜は終わりだ

      今日もまた陽は昇る

      生まれくる恵みの大地

      生まれくる命



      さえぎるものがあろうと

      声が届かなくとも

      走り続けると誓った

      守り続けると



      さあ 今 夜が明けていく

      陽は昇り地を照らす

      残る途のあとを辿る

      そして生まれる



      いつでも忘れはしない

      君と交わした契り

      生きていくこの地とともに

      分かつ血とともに

      | 歌詞 | 21:21 | comments(0) | - |
      月を抱く夜に
      0

        【月を抱く夜に】

        詞:Kunihira、一路八 曲:一路八



        月明かり 映して

        ゆがむ私 なびく風

        闇(よる)は いつも 消せない

        誰か 私 見て



        忘れない横顔

        手をのばしてつかんだの

        あなたの手 届く声

        消えないもの



        胸の奥に響く声は私を

        置き去りにして 

        ただいるだけでいい

        けれど あなたはもう見えない

        遠くの空に あのまなざしを思う



        雪光る 溶かして

        叫ぶ私 なでる風

        朝は やがて 明けゆく

        ここに 私 いる



        悲しみをぬぐって

        いつか重ねた記憶

        忘れない約束

        いつかまた会える



        夢のように すぎていく時の中

        泣いて 笑って 咲いて抱き合ってた

        月が見える 冷たくゆがむ

        夜も 思いも 凍るような時間も



        行くよ 私は行くよ どんな 道も 

        終わりを望みそうになっても

        春の日差しのなか微笑む

        あなたをずっと 

        この胸に抱きしめて




        【ライナーノーツ】



        マネージャーであるKunihiraとの共作になります。



        私は、常日頃Kunihiraは、言葉を使うセンスがとても良いなと感じておりまして、ぜひ作詞をやってみてほしいと思っていました。



        で、打診したところ、長いことずっとむにむにして一向に進まないので、とりあえず曲を先に作って彼に投げることにしました。



        あまり何も考えずに鍵盤に向かっていましたら、出来上がった旋律がなんとも切ないバラードになってしまい、頭を抱えていたKunihiraは、さらに膝まで抱えて丸まってしまいました。



        そして、さらに困ったことに、旋律に言葉を当てていくという感覚がよくわからなかったらしく、一つのフレーズに一体何文字入るのか、というところでパニックになってしまいました。



        そこで、紙に文字の数だけ線を引き、私が歌いながら彼が言葉を嵌め込んでいくという共同パズル作業が始まりました。



        でも、出てくる言葉はとても叙情的で美しくて、どこか物悲しくて素敵でした。彼の言葉のセンスはとても品があって、一つ一つの言葉はつながっているのかいないのかわからないけれど、意識しなくとも情景が浮かんでくるのです。



        作業を続けていくうちに、歌の中に一人の女性の姿が浮かび上がってきました。



        おそらく、大切な人を亡くしたか、会うのがとても困難な状況になったかで、心に耐え難い痛みを抱え、一人夜空に刺さった月を見上げる女性の横顔が見えてきました。



        あまりにその横顔が切なくて悲しくて、途中までできた歌詞が行き詰まってしまいました。どこへ、彼女を連れて行ったらいいかわからない。着地点が見えない。Kunihiraはまたもや頭を抱えてしまいました。



        そこで、私が私の願望も含めて、私だったら無理矢理でもいいからここにたどり着きたい、と思う場所に着地点を決めました。



        私だったら、立ち上がりたい。つらいけど、自分の足で大地を蹴って一歩踏み出したい。きっとそう思う。 そんな場所に着地点を決め、二人で言葉を嵌め込んでいきました。



        結果、とても素敵な曲になったと思います。これまで作ったことのない空気の曲が出来上がり、大好きな曲になりました。

        | 歌詞 | 21:09 | comments(0) | - |
        Standing on the ground
        0

          【Standing on the ground】



          詞・曲 一路八



          Standing on the ground

          Staring the scorched earth of grief

          I'm waiting for the wind

          From now on

          I'll be the only one

          Ignite the light

          Blast out



          スチールの色にそびえ立つ森

          いつだってそう 迫り来る

          地熱は高い 揺らめいた混沌

          煮え立つ赤がほほえんだ



          いつもあなたのことだけが

          この身体中を氾濫する

          息をして息をして息をして

          鋼の行方を追跡して



          Standing on the ground

          Staring the scorched earth of grief

          I'm waiting for the wind

          From now on

          I'll be the only one

          Ignite the light

          Blast out



          顔の無い葉っぱたちの行進

          夢に怯えて 彩りを消して

          音の無い涙の雫に

          灰色の水がざわめいた



          私はあなただ あなたは私だ

          ぐるぐる回る風車

          こんな時こんな時こんな時

          それでもあなたを信じている



          Standing on the ground

          Staring the scorched earth of grief

          I'm waiting for the wind

          From now on

          I'll be the only one

          Ignite the light

          Blast out




          【ライナーノーツ】

          灼熱。熱帯。コンクリートジャングル。灰色。鋼の森。Standing on the ground.



          言葉と色と景色とにおいと温度。



          ただそれだけで世界を描きたい衝動が湧き上がりました。



           音で描く。散らばる言葉を、パズルのように嵌め込みながら、絵を描く。音で。


          | 歌詞 | 19:28 | comments(0) | - |
          君と私の物語
          0

            【君と私の物語】


            詞・曲 一路八



            指のすき間からこぼれ落ちる

            儚い輝き 行く宛ても知らず



            こうしていくつの生命を見送ってきたの

            生み落とせなかった物語



            生まれたその瞬間の

            鮮やかさだけを残して

            今はもうどこにも見えない



            心に積もった泥が

            足元からせり上がる

            君の物語に触れるのが怖い



            君は誰なのか どこで会った?

            私を知ってる?

            私は知っている



            また会えるのかな 覚えていてくれるのかな

            あんなに君を知りたかったのに



            カーテン越し白む空

            笑顔 横顔 涙も

            浮かんでは消えてく幻



            ぬくもり爪痕のように

            かすかに疼いてしみる

            ずっとわかっていた 知りたくなかった



            「こんなもの」

            そう言って君を置いてきぼりにした

            君は笑って「いってらっしゃい」と

            心が痛いよ 心が痛いよ

            君と私の物語をさあ歌おう



            絶え間なく生まれ落ちた

            夢のような 水のような

            君に降る世界の輝き



            ほんのひとかけらさえ

            見逃したくはないよ

            君の手を取って紡ごう世界を



             

            【ライナーノーツ】

            長いこと、まったく曲が書けませんでした。



            最後に曲が書けてから約3年ほど、何かがカラッカラに枯れてしまっていて、絞っても絞っても書けない日々が続きました。



            そんな中、これではいけないと。



            今の私の中にあるものは何かと突き詰めた時、出てきた私が



            「書けない私」



            でした。



            書けないのなら「書けない私」を書くしかない。



            「書けない私」が私にはある。



            そう思いながら、私が持っているものを絞り切るように書いたのがこの曲です。



            今の私、そして生み落とすことができなかった、私のかけらのような音や物語への懺悔と決意の曲です。


            | 歌詞 | 18:52 | comments(0) | - |
            願いの果てに
            0
              東日本大震災後。


              私の生家の周辺は少しずつ変わっていきました。


              津波が届かなかった場所と、津波に飲まれてしまった場所との間に、皮肉で緩やかな格差が生まれていきました。


              その中で、一見きれいに見える言葉を掲げながら、「震災」を材料に周到に錬金術を繰り広げる人たちが現れ始め、私の家族もその煽りを食らいました。


              一生懸命立ち上がろうとする人々の血を吐くような日々の歩みを、かけらも理解しないような言動に、家族それぞれ、心がささくれだっていきました。


              その時の行き場のない、やるせない気持ちを歌った曲です。



              【願いの果てに】
              詞・曲 一路八


              それは誰かの願い
              笑顔守るために


              それは誰かの願い
              苦しみが和らぐように  


              きれいな願いを使う
              うごめく黒い影がある
              ほしいものはなんですか?
              お金ですか?賞賛ですか?


              願いの果てに 笑う人がいる
              願いの果てに 誰かが泣いてる
              幾度もくり返すあやまちと
              生きる君に風が吹く


              父の寝顔に思う
              心安らかでと


              母の涙に思う
              もう苦しまないでほしい


              ほんのささやかな願い
              痛みわからず忍び寄る
              肥い身体見せつけて
              聞こえないの?この叫び声


              私の願い 誰かの願い
              始まりはどこ? どこですれ違う?
              手と手つなげずわかりあえない
              時代に吹く風に問う


              願いの果てに 笑う人がいる
              願いの果てに 誰かが泣いてる
              それでも生きる 生きるしかない
              この景色を忘れない


              願いの果てに 人はさ迷い
              願いの果てに 始まりを忘る
              失い続ける時代(とき)に向かう
              その背中を忘れない


              | 歌詞 | 21:06 | comments(0) | - |
              DAWN
              0

                空が白み始め、ほんのり薄紅色が凪ぐ時間。

                 

                 

                そのほんの些細な瞬間を切り取った歌です。

                 

                 

                たとえ世界中のすべての生命が君に刃を向けようと。

                 

                 

                その刃が君の胸を切り裂きえぐるときが訪れたとしても。

                 

                 

                私は知っているから。

                 

                 

                ずっと見ているから。

                 

                 

                ずっとそばにいるから。

                 

                 

                何が起こっても平気。

                 

                 

                何を言われても平気。

                 

                 

                私の生命がどうなろうと君の生命が守られればそれでいい。

                 

                 

                そう、嘘偽りなく、我慢でも諦めでもなく、まっすぐに思えた瞬間があったのです。

                 

                 

                 

                DAWN
                詞・曲 一路八

                 


                さざなみ 銀の風
                つないだ手はやさしい
                こんな時が続けばいい
                そっと目を閉じる



                君と出会って夢は弾け飛び散った
                刻まれ絡む秘密解く約束
                幾年重ね迷い探し歩いて
                そばにあるやさしい頬
                そっと抱きしめる



                守りたいと思うよ
                このぬくもり何があろうと



                たとえ世界のすべてが君に背を向け
                裏切りの刃がその胸を裂こうと
                私は知っているから ずっと見ている
                こんなにも悲しく強い生命はない



                傷あと隠しては
                笑って泣いていたね
                君を包む翼がほしい
                ずっと願ってた



                守りたいと思うよ
                君の涙 忘れはしない



                月のように雪のように白く赤く咲く
                やわらかな記憶はここに生き続ける
                伝わる思い つながる思い結んで
                絡み合う指と指 離しはしないよ



                たとえ世界のすべてが君に背を向け
                裏切りの刃がその胸を裂こうと
                私は知っているから ずっと見ている
                こんなにも悲しく強い生命はない

                 

                 

                 

                 

                | 歌詞 | 23:37 | comments(0) | - |
                0
                  【結】
                  詞・曲 一路八


                  まずはお日さま顔出した
                  風が吹き
                  水になり
                  土になりなった

                  草生えて
                  虫跳ねて
                  魚が泳ぎ

                  鳥は鳴き
                  獣遊んで
                  人立ち上がる

                  ひふみよいむなやこともちろらね
                  しきるゆゐつわぬそをたはくめか
                  うおゑにさりへてのますあせえほれけ

                  はじめ二つに分かたれて
                  理と和を成して
                  世となりなった

                  縦と横
                  結びたり
                  鳴り生り成して

                  弥栄と
                  かたちあらはれ
                  統べて開けん

                  巡りゆく物語
                  惟神
                  降りにし縁
                  結ひて歌わん



                  【解説】
                  開と対になる、ライブの最初に必ず歌う歌が結です。


                  結と開。


                  結んで開いて。


                  私も、私以外の存在も、たくさんたくさん結ばれて、そして何かが開かれるよう、そんな空間を生み出せたら、織り成すことができればいいな、そう思って作りました。


                  もともと、開を作っている間から「双子の歌」という言葉が身体か魂か、もしくは両方かのどこかにきちんと置かれていて、ああこれには対になる曲があるんだわ、と思っていました。その時、すでにタイトルは結と決まっていました。


                  だもんで、開の中には結、結の中には開の文字が入っています。


                  開が一瞬でできたのに対し、結はまーーーー難産でした。


                  ずっと輪郭は見えていたものの、今の形になるまでに3〜4年かかっています。


                  巡りゆく物語
                  惟神
                  降りにし縁
                  結ひて歌わん


                  最初はこれだけでした。
                  これに、御詠歌的な節を使いアカペラで歌っていたのですが、何か違うのです。


                  違うちがーーーーうという感覚が気持ち悪いくらいもぞもぞしてて。


                  この歌はかっこつけて歌うものではないな、と。


                  これはきっと、たくさんの人が楽しめるような、誰でもわいわい楽しくなるような、そんなお祭りみたいな開かれた歌だ。


                  そう思ってからいろいろ考えて、頭絞ってお勉強して考えに考えてできたのが今の結です。


                  結ぶ、つながる、続いていく。


                  そんなことを考えたとき、思い浮かんだのが、この国に昔からある「ひふみのかぞえうた」でした。


                  これは、数え歌であり、世界の始まりから今に連なる流れを歌ったものであり、また、この世界の理を示してもいたりするらしい。


                  そこまで行って、ようやっと産まれてくれました。


                  一路八という歌うたいと、いろいろでたくさんの命が結ばれることで、素敵な何かが産まれるといいな、なんて思いを抱きつつ、ライブの一番始めに歌っております。


                  | 歌詞 | 06:13 | comments(0) | - |
                  祈りの万里
                  0
                    眠れにゃい。


                    一年半ぶりにSNSに凸したらば、交感神経がうはうはし始め眠れなくなってしまいました。


                    ので、闘病中に書きためた歌詞をちょいちょい上げてみます。起きて冷静になって頭抱えてしまったら下げます。



                    一昨年の秋、縄文時代からの口碑が残る場所へご縁があって行ってまいりました。


                    その時、表舞台には出ることのない、この国の歴史を聞きました。


                    美しくもあり、悲しすぎる程残酷で血なまぐさい物語がそこにはありました。


                    みんな、手探りで必死に自分を守りながら生きているだけなのに、ただ「何かが違う」だけで、何年も、何百年も、何千年も生き続けてしまう悲劇が生まれる。


                    嘘の上にも正義は存在できるし、それを信じ拠り所とする心に嘘はない。嘘だって時間の力が加わればいつか真実という名を得ることだってある。そして、それが誰かを救うことだってあるのだ。


                    ただ悲しいのは、そこに至るまでに、確実に確実に謂れのない苦しみを抱えざるをえない人々が存在していること。


                    平和って何だろう。


                    知ってしまったら。


                    そこから先はどうしたらいいんだろう。


                    そんな葛藤、パラドックスの中で出来た曲が「祈りの万里」です。




                    祈りの万里
                    詞・曲 一路八


                    あかがねの音渡る
                    この時に生まれ
                    あまねく照らす日の光と
                    瀬にたゆたう


                    人は流る
                    時もまた
                    違う思い 数多のまこと
                    今日も陽はさす


                    力なきこの身を抱く
                    川は瀬を速み哭く
                    いつの日か手と手を重ね合わせ…
                    夢は今も静かに


                    それぞれのまことを抱いて
                    人は怯え傷つけ
                    親とはぐれた獣の子のよう
                    必死に生きてるだけ


                    夢を見ていました
                    きれいな夢でした
                    誰かを傷つけるかもしれぬと
                    知らずに


                    解は違う
                    それもまた
                    託す思い 託される者
                    みな空の下


                    吹きすさぶ嵐越えても
                    越えられぬ傷がある
                    時よ 空よ 雨よ 吼える川よ
                    どうすれば流せよう


                    愛し君 今はいずこに
                    笑顔でいるのでしょうか
                    どうか優しくやわらかな風が
                    君と共にあるように


                    行かないで行かないで今
                    時があふれ波立つ
                    ちりぢりに舞う花びらのように
                    運命は行方知れず


                    悠久の祈りをたたえ
                    川は万里を流る
                    幾度も重ね迷い違えて
                    それでも私は行く

                    | 歌詞 | 02:28 | comments(0) | - |
                    今昔前夜
                    0
                      そもそも、私は何者なのか。
                      両親から授かった名前と共に生きる私。
                      その名前に辿り着くまでの物語が私は知りたかった。

                      自分のルーツ。生まれた家、生まれた国、生まれた星、生まれた時代、そこにつながれた円のような立体のような軸。

                      座標を自在に変化させるために必要なルーツ。

                      それを紐解く中で出会った無数の名もなき物語。

                      誰よりも愛しい名もなき人びとに思いを馳せると、なぜだか、ただただ会いたくて会いたくて胸が苦しい。

                      そんな思いが溢れてできた曲です。



                      【今昔前夜】
                      作詞・作曲:一路八


                      光さす 暁の空
                      時はまた生まれゆく
                      幾度も 幾度も越え
                      満ちては 去りゆく


                      名もなき者 追われゆく者
                      血は続き 地をつなぐ
                      夢のあと 流れてめぐる
                      何も語ることなく


                      夜明けの風をまとい
                      一人崖に立つ
                      つながれし契りの果てに
                      結ばる時もあろう


                      空を裂きやってきたのだ
                      道なき道を綴り
                      刻まれし夢物語
                      君との約束


                      天を翔ける 地を駆ける声
                      私はここにいます
                      幾年もお慕い申し
                      君を探しています


                      幾億の痕を負い
                      君の影を抱く
                      会いたいよ 今 会いたいよ
                      空が哭いている


                      夜明けの風をまとい
                      一人崖に立つ
                      しなつ風吹かば凛の灯
                      燃ゆる火石動なく
                      | 歌詞 | 01:20 | comments(0) | - |
                      << | 2/3PAGES | >>