CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< D.F.3.11〜あの日を忘れない | main | 初ワンマンライブ決まりました >>
「永遠」の先
0



    繋がれた約束の影にはいついかなるときも、限りない優しさと、確定されきった非情さが背反せずに同時に在る。

    だから、人はいつまでもいつまでも繰り返す事ができてしまうのだろう。

    「永遠」ばかりを探し続けた十代の頃。永遠など存在しない、という事実のみが永遠なのだと、青い小娘はうちひしがれた。そして、そこから繋がる道の名前を絶望と呼ぶのだろうと、甘い嫌悪と陶酔に沈み込んだ。

    しかし、それから20年経ち、その先にも世界は存在してしまうのだということを知った。知らざるをえなかった。

    私もまた、繰り返す存在だ。

    何度でも。

    何度でも。

    繋がれた約束は限りなく甘い。

    解釈よりも甘い。

    そこから先は、満ち足りた地獄。

    地を知らなければ天もまた遠い。

    そしてまた。

    繰り返す。
    | つぶやき | 21:29 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする