CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 中退話(1) | main | ライブやります☆ >>
中退話(2)
0
    前回の続き。

     1回目の中退を経て、めでたく歯科衛生士になった私ですが、この歯科衛生士になった後で、とんでもない落とし穴にはまり込んでいたことに気がついてしまったのです。

     大学には、自分の求める幸せはなかった。

    だから、大学をやめた。

    そして、自分で食べていく力を身につけるために歯科衛生士になった。

    ここまではいいのです。ここまでは。

    たぶん。

    でも。

    やっぱり、以前とどこかおんなじよーーーな疑問が立ちふさがり。

    それは、私が求めるのはあくまで自分の心が満たされる「幸せ」で、食べていく力を身につけることがそうかどうかはまた別問題なんではなかろうか…ということ。

     大体、私は父に疑問を持って大学をやめたのに、結局父にもんのすごく近い職業を何も深いこと考えずに選択してしまった。0から学ぶよりもお得だという打算でもって、近道と思って、向いていると思って選んでしまった。

     学生時代は、すごく忙しくて、ありえないくらい毎日きつくて、勉強すること、覚えること、実習、レポート、考える暇もないくらいのスケジュールの押収で余計なことなどまったく考える余裕もなく、勢いであっちゅう間に卒業してしまったので、うっすらおぼろに疑問に思うことはあったような気がするのだけど、とりあえず、歯科衛生士に何がなんでもならなくては私に明日など来はしないと、必死こいてつっ走っておりました。

    でも、実際卒業して歯科衛生士になってみたら、やっぱりつらくて。

     何がつらいかというと、私は自分をどうしようもない駄目な人間と思っており、自分で自分を縛り上げないとどんどん駄目なやつになっていくと思い込み、自分で自分を24時間休みなく叱り続けていることに気づいてしまったから。そして、そこでは当然、幸せだなと満たされる思いになることなんてなかったから。

     就職した先も、気がついたら、あえて自分にとって過酷な環境を選択していました。

     卒後すぐに就職した先は、開業してまもない歯科医院でしたが、初日の午前中で前任の歯科衛生士が退職、院長と二人きりという環境に。何にもわからないので勉強のため、土曜日だけ別の歯科医院でアルバイトを始めましたが、身体がどんどんきつくなって、働くか食べるか寝るかしかできない生活に。

    やっぱり悩んで病みました。

    このままでは本末転倒だと。食べていけるかもしれないけど、身体がもたないと。

    そこで、一度仕事を全部やめて実家に戻り、リセットすることにしました。

     実家での生活は楽しかった。

     父の病院で、歯科衛生士としてプロフェッショナルとして、一緒に働けることが何より嬉しかったし、充実していました。幼い頃はわからなかった病院の中の設備や器具が、手に取るようになじんで、父とも専門的な話から、映画、文学、時事問題、たくさんのことを毎日話して幸せでした。

    ああ、やっぱり歯科衛生士になってよかった。全然知らなかった父の顔を、たくさん見ることができた。知らなかったら絶対理解できなかった父の領域が、こんなに近くなった。東京での暮らしはつらかったけど、もっと力を身につけて、生活に余裕ができてきたら、好きなこともたくさんできるようになるはず。がんばろう。

    そう、思えるようになりました。

    そして、実家で過ごして3ヶ月経った頃、歯科衛生士学校の先輩より、東京にある総合病院の歯科室で入院患者専門の歯科衛生士を募集しているという話をいただき、飛び乗りました。

     普通の開業医では決して経験することのできない、ベッドサイドでの口腔ケア、リハビリテーション等を学べるということを聞き、身につければ絶対武器になると思ったのです。

     実際、就職は決まり、今まで全然接することのなかった領域で働くことになりました。

    ものすごく刺激的でした。落ち込むこともいっぱいあったし、たくさん泣いたけど、それ以上に勉強になることが多かった。生死が直接関わる現場で、わずかでわずかで泣きたくなるけど、自分にもできることがある、そして少しずつそれが増えていくのが嬉しかった。

    そんな矢先、自分の母校が専門学校から4年大になるので、編入試験を受けてみないか、というお話がやってきました。

    すんごく揺れました。

    ものっそい揺れました。

     人の心って、こんなに揺れるものなのかと思うくらい揺れました。

    それまでは、大学のことなんてすっかり流れて、ほとんど考えることもなく生きていました。それどころか「大学なんて」と、斜に構えて生きていた。

    それが、その時やっていた仕事のこともあって、もっと勉強してみたいと、大学にもう一度入ってみたいと思ってしまいました。

    でも、きっとそれは表向きの綺麗事で、本当は、やっぱりたしかめたい気持ちが残っていたのです。

     父の言う「幸せ」とは何なのかを。

     編入の話が来たのは東京医科歯科大学。ここは父にとって入りたくても入れなかった憧れの大学でした。

    ここに入って、卒業することができれば、何か見えるものがあるかもしれない。

     小さい頃から信じ続けていた幸せを感じられるようになるかもしれない。

    やっぱり、私は父が大好きだったんです。

     決して後悔はしていないけれど、少なからず父を悲しませてしまったことがつらくて、互いのためとはいえ父を否定するしか道を見つけられなかった自分が悔しくて、父を信じたくて、信じた自分を肯定したくて、父の夢を叶えたくて。そう、勝手に思い込んでいて。

    そして、また、自分で自分を縛り上げてしまいました。

     編入試験はとても難しく、倍率も高かったけれど、何とか通ることができました。自立生計者ということもあって、授業料も全額免除してもらえましたし、同級生も様々な経験を持つ優秀で、人間的にも尊敬できる人たちばかりで、順風満帆なスタートでした。

    でも、そこから先は。

    また、同じことの繰り返しでした。

    もちろん、小さい頃に描いた幸せの形などありませんでした。

     毎日の通学、講義が苦痛になり、人と話すのも会うのも死にそうになるくらい苦しくなって、結局自分は勉強には向かない人間なのだということを嫌というくらい思い知らされただけでした。

     耐えられなくなり休学すること2年間。

    ひたすら自分と向き合いました。

    バイトして貯めたお金でいろいろな場所に行きました。自己啓発的な何か、ネットビジネス的な何か、いろいろ手を出して、自分が本当は何がやりたいのか、何に向いているのか、何で生きていきたいのか、模索しまくりました。

    たくさんの人と出会いました。そして、少しずつ自分が捕らわれていたものが浮き彫りになり、向き合う力を感じられるようになり、心が軽くなっていきました。

     私は自分で自分を生かし活かすということに、ものすごく自信がなかったのです。

    やりたいことなんて、山ほどありました。

     小さいころに描いた夢なんて、数えるだけ無駄なくらいありました。

     毎日毎日、違う夢を描いては一人で楽しんで笑っていました。

    やりたいことなんて、いつもそばにあって、いつも知っていました。

    でも、わからないフリをし続けて、どんどんぼやけてわからなくなって、わからなくなっていることもわからなくなっていた。

     私は表現がしたかった。

    お芝居でも、詩でも、音楽でもなんでもいい。

     自分の中にある無数に散らばった、キラキラしたりドロドロしたり、どこか傷んでいたり、凛としていたりする、たくさんのたくさんのカケラを、あるべき場所に安置して何かの形にして外に送り出して、そして成仏させたかった。そんなことがしたかった。

    ずっとずっと、それだけが、したかった。

    でも、それで自分の生命をちゃんと維持していけると思えなかった。

    お金になると思えなかった。

    だから、逃げた。

     逃げ続けて、病んだ。

     父に教えられたことを傘にして、私はずっと自分に自信がないことをぼかして蓋をして隠し続けて生きていた。

     苦しかった。苦しかった。そんなこと、バカバカしすぎて苦しすぎた。

    そんな自分を追い込むために、本当の自信を身につけるために、父の憧れてやまなかった大学をやめようと思った。

     大学2回中退。

    この事実を掲げて、胸を張って生きていこうと思った。

     私は散々無茶してお金もかけて痛い目を見ないと、自分に嘘をつき続けているという至極簡単なことにも気づけないバカだけど、どんなに後ろ指さされたって、白い目で見られたって、訳知り顔で無責任に哀れまれたって、絶対自分のことは裏切らない。自分の心を無下にすることはない。私は自分を大事にしてる。

     2回中退したことは、その証。

     中退するにあたっては、学校側からはやたら引き止められたけど、不思議と父とはもめませんでした。とてもあっさりしたものだった。

    ここに来て、私は本当に父と分かり合えた気がしました。

     「大学」というものをツールに、私は30年近くもかけて、父、家族と向き合いました。

    そして今、本当に自分がやりたかったことを、大好きな人たちと共にやっています。

     無理なくストレス無く働ける最高の職場で歯科衛生士を続けながら、自分を生かしてくれるこの仕事に心から感謝しています。

     歯科衛生士という仕事は父の人生がくれたギフトです。

    そして、音楽は、父が浮き上がらせて向き合う力を鍛えてくれた生きるための力そのものです。

     父は見事に、人生を動かす車輪を二つ、バランスよく与えてくれました。

     父が大好きで、信じて、自分を好きになりたくて、信じたくて、そうして歩いてきて、今はとっても仲良しになりました。

    だから、私は胸を張って歌を歌っていけるのだと、思います。

    ここまで来て、音楽というスタートラインに立てていることを、この上ない幸せと思っています。

    これが、私の大学中退話。

     最後まで読んで下さって、ありがとうございます。
    | つぶやき | 01:22 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする