CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 抑圧と反発と反動 | main | おうち >>
おそれ
0

    恐れを手放せ、という言葉はとても簡単に使えるものではないと思います。



    言った人が思う恐れと言われた人が思う恐れが同じとは限らないし。手放した方がいい恐れ、手放さないといけない恐れ、手放さなくてもいい恐れ、手放してはならない恐れがあると思う。



    さらに恐れは畏れでもある。



    これらを見極めるのはとても大変なことだし、きちんとできている人にあまりお目にかかれないし、間違えると結構大変なことになるので気をつけなければならないと思います。



    願いのほとんどは恐怖を出所としているのではと思っています。



    恐怖と向き合っているか、恐怖から目を反らしているか、恐怖があるのに気づいていないか、恐怖の原因を自分の中に探すか人のせいにするかでも願いの形は変わります。



    私は「おそれ」を大事にしたい。



    そこにはものすごくたくさんの「私」が詰まっているからです。

    | つぶやき | 10:37 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする