CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< darkgreen | main | 億の痕 >>
君は光
0

    【君は光】

    詞・曲 一路八



    削られた大地 吹く風の中

    立つ君の命を愛しく思う



    闇の中 手をのばす

    幼さ残る しなやかな指で

    まるで蜂の巣

    未来にあるのは蜜か針か



    それでも君は行くのだろう

    何かを誰かを照らす道を



    君は光 夜空を越えて

    金色の稲波を渡る

    いつかその手は掴むだろう

    高く光る空を



    刻まれた痛み 君だけの傷

    知ったような顔などできないから



    ただ泣いて ひざ抱え

    命を知った君の横顔を

    包む翼が 私にはなく 

    何もできない



    それでも私は思うんだ

    誰かを照らす力がほしい



    君の翼 闇夜を裂いて

    まばゆい光 胸に届く

    どこまでもどこまでも高く

    遠く駆け抜けてく



    それでもいつか会えるなら

    強く強く抱きしめたいんだ



    君の光 私を照らす

    明けぬ夜 泣き続ける日も

    ひとひらの勇気がくれたの

    朝は必ず来る



    君は光 夜空を越えて

    金色の稲波を渡る

    いつかその手は掴むだろう

    高く光る空を

    | 歌詞 | 22:11 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする